矯正治療の流れ

価格はすべて税別です

 

初診相談・検査診断

 

初診相談料 無料
検査・診断料 3,000~5,000円

 

 

矯正料金
こどもの矯正

 

プレオルソ 35,000円
床矯正 250,000円(上下顎含む)
インビザライン teen 59,8000円
ワイヤーブラケット矯正 650,000円
部分ブラケット矯正 250,000円~

 

大人の矯正

 

インビザライン 598,000円
インビザライン
・エクスプレス
398,000円
ワイヤーブラケット矯正 650,000円
部分ブラケット矯正 250,000円~

 

 

医療費控除
医療費控除とは

 

確定申告をすることによって、医療費の一部が還ってくる制度です。 

医療費控除は、実際に支払った医療費が家族で合算して10万円を超えた場合の超過分に対して適応されます。
出産育児一時金、高額介護サービス費等の支給を受けた場合、医療保険の入院給付金等を受けた場合は、それらを差し引いた後の金額で判断します。

  • 年末調整では還ってこないので、御自身で確定申告をする必要があります。
  • 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。
  • 医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。
  • また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。
  • その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費です。

  金額:最高で200万円です。

 

所得税からの控除額 =(1年間に支払った医療費)- (10万円

※ その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

 

医療費とは

 

  • 患者様が支払った診療費、費用、入院費。治療に必要な医薬品の購入費用(但し、病気の予防や健康増進のための医薬品は対象になりません。)
  • 保険金などで保証される金額を除く。 (例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される医療費・家族療養費・分娩費など
  • 通院費・通院のためのバス、電車賃は領収書が無くても記入して下さい。 

 

矯正治療に伴う費用が医療費控除の対象となるかの判断
  • 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
  • 大人の矯正治療は、ケースにより医療費控除が適用されるかどうかってきます。
    かみ合わせが悪く咀嚼障害というという診断がでれば、大人の矯正治療においても医療費控除の対象と判断される場合が多いようです。(診断書が必要となる場合があります。)
  • 審美的改善のための歯列矯正は対象外です

 

手続き上の注意
  • 領収書は紛失しないようにしてください。当院では領収書の再発行はいたしておりません。
  • 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
  • 医療費補てんのために受け取った保険金等も記入してください。

※詳しくは国税庁のホームページ http://www.nta.go.jpをご覧になるか、最寄りの税務署にお問合せください。

 


    こどもの矯正
  • マウスピース矯正
  • 床矯正
  • インビザライン teen
  • こどもブラケット矯正
  • 大人の矯正
  • インビザライン
  • プチ矯正
  • 大人のブラケット矯正

 


平川歯科クリニックへのWEB予約寺田町ファミリー歯科クリニックへのWEB予約