目立ちにくい矯正(インビザライン)
大人の矯正治療について

矯正歯科治療は、不正咬合を正常咬合にする歯科医療です。
不正咬合とは、悪い歯並びを総称したもので、咬み合わせがずれている状態を表す矯正用語です。

 

矯正治療は子どもだけのものではありません。20代、30代、40代…何歳になっても始めることができますので、現在の歯並びや、咬み合わせにお悩みがあれば、矯正治療を検討されることをお勧めいたします。
これからの何十年という人生を考えられた際に、良い歯並びを手に入れられることはきっと豊かな人生につながることと思います。

また、不正咬合は、心身に大きな影響を与えます。
歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。
それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心をつくるための歯科治療なのです。

下記のような状態の歯の場合は、矯正治療をされることをお勧め致します。 どうぞお気軽にご相談ください。

出っ歯 受け口
上の前歯が極端に前方に出た状態。
下の前歯が極端に前方に出た状態。 横顔がしゃくれたように見えてしいます。
八重歯・乱ぐい歯 上下顎前突
歯が凸凹に重なり合った状態。歯磨きがしにくいことから虫歯や歯周病になることがあります。
上下の歯がともに前に突き出た状態。前に出た口もとが目立ち、見た目があまり良くありません。唇を自然に閉じていられない方もいます。
開咬 過蓋咬合(かがいこうごう)
閉じた前歯に隙間ができ、咬み合わない状態。食べ物を噛み切るのが困難な方もいます。
上の歯が下の歯に深く被さった状態。顔が短く見えることがあります。歯と歯の接触が大きく、歯そのものを傷つけてしまうことも。
交叉咬合(こうさこうごう) その他
上下の歯の咬み合わせが部分的に反対になっている状態。
  • すきっ歯(歯と歯の間が空いている)
  • しゃべるとき発音が少しおかしい
  • 顔の左右のバランスが違う
  • うつぶせで寝ることがよくある

 

大人の矯正治療の種類

大人の矯正治療には様々な方法があります。
ご希望やライフスタイルに合わせてお選びいただきますので、まずは当院へご相談ください。
お一人お一人にあった矯正治療をご提案いたします。

目立たない矯正へ

 

部分矯正へ

 

ブラケット矯正へ

 


    こどもの矯正
  • マウスピース矯正
  • 床矯正
  • インビザライン teen
  • こどもブラケット矯正
  • 大人の矯正
  • インビザライン
  • プチ矯正
  • 大人のブラケット矯正

 


平川歯科クリニックへのWEB予約寺田町ファミリー歯科クリニックへのWEB予約